rikahemmi

逸見吏佳さんが2004年に、自然と融和する生き方を望み、都会から離れて子どもの育ちも考えながら、思い切って美深町へ移動の決心をつけた。日本中に羊がいる地方が少ないが、北海道はその内の唯一の島という背景の中で暮らし、捨てられる予定の羊毛をもったいないと思うのをきっかけとして、デザインをし始めたのは自然な成り行きであった。様々な羊の毛を採用して、何日間に心をこめて毛を整え縮絨して、服や鞄や靴を含めて色々な作品を作ってきた。。このシンプルかつエレガントなデザインは、吏佳さんがしている、凍えるほど寒い北海道の天然に囲まれている生活を反映する。


In 2004, Rika decided to move to Bifuka, to pursue a lifestyle closer to nature and to bring up her children away from the bustle of the city. Hokkaido is one of the only places in Japan with sheep, and so Rika’s foray into crafting with wool developed naturally upon seeing that some of the local wool was going to waste. Since then, she has diligently crafted clothes, bags, shoes and more from a variety of different sheep fleeces.The simple yet elegant design reflects Rika’s current way of life, surrounded by nature in the extremely cold climate in north Japan.

rikahemmi 自然

羊と生活

×

羊から毛をもらう

羊毛をもらった

毛を洗う ゴミを取る

洗い上がり

草木の葉っぱを集める

色染めの準備をする

草木で染める

色染め結果

一本一本の繊維がからんで、布のようになる

予定の大きさまで、縮めて出来上がり

へんみりか

アバウト

毛ウール

資源(羊毛)について

羊毛は身近に暮らすひつじたちの毛を主役にしています。 用途によっては、海を渡って来るものもあります。 洗いから、染め、毛を整える作業は全て手作業で行なっています。

興味がある方・服を購入したい方

こちらに連絡してください:

bearlambyou@gmail.com 

フェースブック フェースブック

×
記事
×
記事 記事 記事
Left Arrow Right Arrow
go to top